コンビニ袋詰めのコツ!エコバック・レジ袋の入れ方のポイントは?

コンビニの袋詰めのコツの文字 コンビニ豆知識

意外と難しいコンビニの袋詰めコツはあるでしょうか?

私は10年以上コンビニで働いているので、今ではパパっと詰められるようになりました。

コツをつかめば、早く安定して袋に入れることができますよ。

コンビニの袋詰めのコツと、コンビニの袋詰めのお悩みについてまとめました。

コンビニで働いている方はもちろん、エコバックに自分で袋詰めしたいお客様も、参考にしてくださいね。

コンビニの袋詰めの基本

エコバック

コンビニの袋詰め、慣れると早くできるようになりますよ。

レジ袋でも、エコバックでも基本は同じです

袋詰めの基本の手順

  1. レジ袋やエコバックを広げる。
  2. 重たいもの・大きいものを先に入れて土台にする。
  3. 軽いもの・つぶれやすいものを乗せる。
  4. 小さいもの・細いものはわきの隙間につめる。

袋詰めでポリ袋を使うケース

クシュクシュにしたポリ袋

レジ袋は有料ですがポリ袋は無料です。

スーパーのサッカー台(袋詰めする台)にあるような、持ち手のない薄い袋です。

ポリ袋を使う時

  • 水分が多い商品を入れる
  • 温かい商品と冷たい商品を分ける
  • 香りが強い商品をよける

入れる商品

  • 豆腐
  • 漬物
  • アイス(特に蓋がはずれやすいもの)
  • レジ横のカウンターフード
  • 石鹸・線香
  • 切り花(切り口をおおう)

詰め方にコツはありませんが、早く袋詰めが終わるよう、事前準備しておくのがポイント。

ポリ袋を1枚ずつ取り出して、クシュクシュにして棒状にしてストックしておくのです。

このひと手間で、さっと取り出せるようになります。

袋詰めで紙袋を使うケース

衛生用品用の紙袋は無料のお店が多いです。

しかし店舗によって有料であったり、取り扱いがない場合もあります。

昔は、衛生用品は必ず紙袋に入れてからレジ袋に入れるマニュアルでした。

今はゴミになるから袋はいらないという方が増えていますし、そもそも隠す必要がないという考えも広まっています。

衛生用品を買った方には入れるか聞きますが、最近はいらないと言われる方が多くなりました。

たまに瓶などの割れ物を入れてほしいという要望もあります。お客様の希望通りに対応しましょう。

入れるもの別コンビニの袋詰めのコツ

袋詰めで特に悩む4パターンで、コツを紹介します。

重いものと軽いものの袋詰めのコツ

レジ袋でもエコバックでも、大きくて重いものを先に入れます。

ペットボトル、お米、牛乳、瓶などです。

パンなどのやわらかいもの、クッキーなど砕けやすいものは、その上に置きましょう。

ペットボトルや缶などの飲み物は、横に寝かせた方が安定します

無理に立てて入れても、運ぶ途中で倒れるので、横置きがオススメです。

しかしお客様によって、横にしてほしくない方もいます。

私は袋詰めするときに「横にしてもいいですか?」と聞きながら入れています。

「縦に入れると倒れて、他のものがつぶれるかもしれないので」と説明すると納得していただけます。

お弁当の袋詰めのコツ

レジ袋に入ったペットボトルとお弁当の絵

お昼時や夕飯時、コンビニではお弁当がよく売れます。

夏は温めたお弁当と、冷たい飲み物の組み合わせが多いです。

レジ袋が無料だったころは、温かい商品と冷たい商品は別々の袋に入れました。

今はお客様に袋を分けるか聞いても、「一緒で」と言われることが多いです。

すぐに飲みたい炭酸飲料などは手で持ち、「お弁当だけ入れて」と言う方もいらっしゃいますね。

お弁当は、傾かないことが一番重要です。

レジ袋を購入される場合、お弁当用のレジ袋が安定します。

袋を広げ平らになるように一番底に入れたら、上に軽いものを入れましょう。

お弁当+500mlのペットボトル1本→お弁当が下、ペットボトルが上
お弁当+2ℓのペットボトル→ペットボトルが下、お弁当が上

下に入れていい2ℓのペットボトルは、お水やお茶などの四角いタイプ。

コーラなどの丸いタイプのペットボトルは安定しません。もう1枚袋を買っていただいた方がいいですよ。

レジ横カウンターフードの袋詰めのコツ

おでんは専用容器に入れて蓋をして、テープで止めます。

レジ袋に入れる場合、おでんの容器にピッタリのサイズのレジ袋に入れましょう。

ピッタリサイズの方が傾かないので安定します。

エコバックには、おでん容器をポリ袋に入れてから入れます。汁もれして、エコバックが汚れたら大変ですからね。

中華まん、揚げ物などは、まず専用の紙袋に入れます。

さらに、水気や油が染みないよう、透明のポリ袋に入れるほうが丁寧です。

卵の袋詰めのコツ

レジ袋に入った卵パックイラスト

割れやすいパックの卵は、袋詰めも気を使います。

尖ったパックの角でレジ袋が切れやすいです。注意してください。

そのため私の店では、卵はポリ袋に入れることにしています。

縦に入れると倒れて割れやすくなるので、基本は横に入れます。

横に入れれれば、多少上に軽いものを乗せても大丈夫。

どうしても縦に入れたいときは、すき間がでないピッタリサイズの袋に入れましょう。

コンビニの袋詰めの疑問・お悩み

女性とエコバックとレジ袋のイラスト

スーパーと違う、コンビニならではの袋詰めの疑問・お悩みに回答します。

コンビニの袋詰めは誰がやるの?

レジ袋を買ってもらった場合は、店員が袋詰めします。

では、エコバックや袋を持参したり、自分のカバンに入れる時は?

これは店によって対応が変わります。

私のお店では、店員がお客様に確認し、希望通りの対応をすることになっています。

一方、店売りのレジ袋以外、袋詰めはしないお店もあります。

店員によって対応に差が出るとクレームになるので、お店の方針で徹底しましょう。

コンビニのエコバックの袋詰めはどこでやる?

袋詰めをどこでやればいいのか?

これはコンビニ特有のお悩みではないでしょうか。

これもお店ごとに対応が違います。

1、レジで店員が入れる
2、レジでお客様が入れる
3、サッカー台でお客様が入れる

スーパーにはサッカー台(袋詰めする台)がありますが、コンビニはないお店が多いです。

多くは1か2の対応でしょう。

私の店はレジを打った後、その場でエコバックに入れます。

店員が入れるか、お客様が入れるかは、お客様が選びます。

こちらもお店の方針で徹底しましょうね。

コンビニのレジ袋は買える?

レジ袋の有料化で、コンビニのレジ袋は商品として販売するようになりました。

値段はお店やサイズにによります。

私が働いているセブンイレブンでは、小・中・大・弁当用が3円、特大が5円です。

レジ袋だけ単体で売るかどうかは、お店ごとに対応が異なります。

私の店では、レジ袋だけ売るのもOKです。

コンビニの袋詰めのコツまとめ

レジ袋が無料だったころは、袋詰めは今より気楽でした。

温度が違う商品や、倒れやすい商品は別々の袋に入れられたからです。

何でも一緒に袋詰めするようになり、難易度が上がった気がします。

商品の組み合わせによって、1枚に安定した状態で入れるのはベテランでも難しい…。

お客様に要望を聞きながら、詰めていくしかありませんね。

以上、コンビニの袋詰めのコツと、コンビニの袋詰めのお悩みについてお伝えしました。

コンビニの仕事は、袋詰め以外他にもたくさんあります。

コンビニバイトが仕事に慣れるまでも読んでみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました