コンビニで買えるプレゼント・手土産5選!プチギフトラッピングも紹介

コンビニで買える プレゼントの文字 コンビニ豆知識

急にプレゼントや手土産、お礼やお詫びの贈り物が必要になった方へ。

コンビニで買えるプレゼント手土産を紹介します

コンビニでラッピングの袋がもらえるか、コンビニでラッピング用品が買えるかについても載せています。

コンビニで買えるプレゼントは、定番から、ちょっと一工夫したものまで、ニーズに合わせてお選びくださいね。

コンビニで買えるプレゼント・手土産

菓子折りの手提げ紙袋

コンビニで買えるプレゼントを5種類紹介します。

菓子折り

コンビニで買えるプレゼント・手土産と言えば、菓子折りが定番です。

たいていのコンビニでは、和・洋の菓子折りをそろえています。

洋菓子ではクッキー、和菓子ではお煎餅をそろえているお店が多いでしょう。

小さなお子さんや女性にはクッキー、男性にはお煎餅がオススメです

お店に並んでいる菓子折りは、透明のビニールに包まれた状態です。

レジで購入後、店員がビニールを破り、中にセットで入っている専用の紙袋にお入れします。

相手には値段もわからないので、安心してください。

私の店では、1,000円のクッキーの詰め合わせがよく売れています。

500円の菓子折りはないの?」とたまに聞かれますが、通年販売はありません。

夏休みや年末年始などの帰省シーズンには、500円~800円くらいの手土産用のお菓子を販売しています。

価格:1,000円~2,000円
オススメのシーン:お詫び、お礼、ご挨拶

POSAカード(ポサカード)

若い方やインターネットでよくお買い物される方へは、POSAカードが人気です。

インターネットでの買い物や、ゲームなどに使えるプリペイドカードです。

金額は固定なものが多いです。一部、AppleやAmazonなどでは、自分で自由に金額指定ができる「バリアブルタイプ」もあります。

【ありがとう=サンキュー=3,900円】という風に、金額にメッセージをこめることもできます。

お店によっては、POSAカードが入るギフト用封筒の用意があります。

店員さんに「プレゼントですが、ギフト用封筒はありますか?」と聞いてみてくださいね。

値段:1,500円~50,000円
オススメのシーン:お祝い、お礼、プチギフト

QUOカード(クオカード)

POSAカードより気楽にお渡しできるのが、クオカードです。

全国共通のギフトカードで、加盟店は約6万店。もちろん、コンビニでも使えます。

POSAカードはインターネットで使うものなので、使い方が限定されてしまいます。

ネットを使わない世代の方、小学生くらいのお子さんには、クオカードの方がオススメです。

クオカード自体は色々なデザインがありますが、コンビニで購入できるのはシンプルな定番のデザインのみです。

専用の封筒に入れてお渡しします。ギフト用の封筒の用意はありません。

値段:3,000円~10,000円
オススメのシーン:お礼、プチギフト、お小遣いがわりに

雑誌売り場の雑貨

最近のコンビニでは、雑誌のコーナーに雑貨も展開することが多いです。

雑誌の付録に雑貨がつくのは昔からありましたが、雑貨のみを雑誌コーナーに置くようになったのは、ここ数年のことだと思います。

夏は、タンブラーやミニ扇風機が人気です。

キャラクターもののミニライトや、バッグ、お財布などもあります。

以前、枕を売っていたこともありました。「何故、枕がコンビニに?」と不思議でしたが、意外と売れます。

雑誌コーナーを素通りしている方は、ぜひ一度品ぞろえを見てみてください。

プレゼントにピッタリのものが、見つかるかもしれませんよ。

価格:1,500円~3,000円
オススメのシーン:プレゼント

自分で詰め合わせを作る

プレゼントのイラスト

自分で自由に、オリジナルの詰め合わせを作るのはいかがでしょう?

クッキーやチョコレートなどのお菓子や、茶葉やコーヒーなどを組み合わせれば、ちゃんとギフトになります。

ポイントは、パッケージに値段が印刷されていない商品を選ぶこと。

女性なら、化粧品やアイマスクなどの美容グッズもいいですね。

入浴剤とタオルの組み合わせなら、性別を選びません。

近所のお友達や家族にお土産で選ぶなら、意外とアイスが好評です。

アイス選びのポイントは、箱入り・高級・限定の3つ

セブンイレブンなら今限定販売されている「N.Y.C.SAND」のアイスもオススメです。

ただしコンビニでは、ドライアイスの用意はありませんから、買ってすぐにお届けしてくださいね。

コンビニでラッピングしてもらえる?

自分で詰め合わせを作るのはいいのですが、問題はラッピング

コンビニで包装してくれるかは、お店によって対応がわかれると思います。

コンビニのラッピング袋

お店によっては包装紙やのしを準備しているところもありますが、少数だと思います。

私の店では、大・中・小、3サイズのギフト用ビニール袋と、瓶用紙袋は有料であります。のしや包装紙はありません。

ギフト用の袋に入れてもらえるか、先に店員に聞いてみてください。

ギフト用の袋がない場合でも、紙袋には入れてもらえますよ。

私がセブンイレブンで女性のお友達用のプチギフトを買ったときは、予算で1000円程度で、タオルハンカチ、マニュキュア、アイマスクをチョイス。

ギフト用の袋(20円)に入れてもらいました。

ギフト用の袋

価格:500円~2,000円
オススメのシーン:プレゼント、お礼、プチギフト

ミニギフトのラッピングアイデア

コンビニの商品をプレゼントに買って、自分でラッピングしたい場合もあるでしょうか。

残念ながら、コンビニに包装紙やラッピング用の袋は売っていません。

ただ、コンビニで売っているものでラッピングすることもできます。

私が子ども向けのプチギフトで、よくやる方法を紹介しますね。

小さな個包装のお菓子を、紙コップでプレゼントするやり方です。

紙コップラッピング2つ

用意するもの 紙コップ・折り紙・ノリ・ハサミ・個包装のお菓子

折り紙で蓋をするラッピング

紙コップの中に個包装のお菓子を入れて、紙コップのフチにノリを塗ります。

中身を入れたまま紙コップをひっくり返し、折り紙に貼ります。

折り紙と紙コップ

貼れたら、紙コップのまわりを数ミリ残して、折り紙を丸く切り取ります。

紙コップに折り紙で蓋して、折り紙の残りを切り取って、模様をつけて出来上がりです。

折り紙で蓋をした紙コップ

紙コップをつぶしすラッピング

フチを切り取った紙コップに、穴をあけます。

ハサミでもできますが、カッターがあるとやりやすいです。

半分に切った折り紙を細く折って、ひも状にします。

折り紙を細く折る

開けた穴に折り紙で作ったひもを通して結び、端をきれいに切り落とせば完成です。

折り紙のひもで閉じた紙コップ

ちょっとの工夫で、かわいくなりますよ。絵や文字を書いてもいいですね。

紙コップも折り紙も、たいていのコンビニで売っていますし、値段も安いです。

小さいもののラッピングにおすすめですよ。

他にも、クッキングペーパーを包装紙代わりに使ってもいいですね。

まとめ

以上、コンビニで買えるプレゼント・手土産についてお伝えしました。

  • 菓子折り
  • POSAカード
  • QUOカード
  • 雑誌売り場の雑貨
  • 自分で詰め合わせを作る

私はコンビニで働いているので、たびたびお客様に何がいいか聞かれます。

やっぱり定番の菓子折りをオススメすることが多いです。挨拶の手土産には、菓子折りが一番安心です。

でもお友達へのプレゼントに、菓子折りはつまらないでしょう?

コンビニでは、お菓子からお茶、雑貨まで、様々な商品がそろいます。

上手に組み合わせて、プレゼント選びも楽しんでくださいね。

この記事ではコンビニで買えるものを他にもいろいろ紹介しています。

コンビニは意外と節約できるアイテムもあるんですよ。コンビニ節約術5選もおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました