セブンアイスカフェオレの買い方・頼み方は?値段やカロリーも紹介!

セブンカフェアイスカフェラテの買い方は?の文字 コンビニグルメ

セブンイレブンセブンカフェ(SEVEN CAFÉ)。

コンビニで、お手ごろな値段で淹れたてコーヒーが味わると人気です。

私はセブンイレブンで働いているのですが、セブンカフェのコーヒーは本当によく売れています。

普通のコーヒーのほかカフェラテがあり、特に夏はアイスカフェラテが人気です。

ほとんどの人が「カフェオレ」と注文しますが、正式名称は「カフェラテ」です。

人気のセブンカフェのアイスカフェラテですが、買い方はちょっとわかりにくいんですよね。

この記事では、セブンカフェのアイスカフェオレ(カフェラテ)の買い方、値段、カロリーなどをまとめました。

参考にしてください。

セブンイレブンのアイスカフェオレの種類は?

セブンカフェのアイスカフェラテ2つ

セブンカフェは、ホットとアイスがありますが、この記事ではアイスの商品を説明しています。

セブンカフェ・カフェオレのサイズと値段

セブンカフェのカフェオレ(カフェラテ)は、ホットアイスがあり、サイズはそれぞれRと、Lがあります。

セブンのコーヒーの注文でよく間違われるのが、このサイズの名前。

「ショート」とか「スモール」などと言って注文される方もいますが、R=レギュラーL=ラージが正解なんですよ。

でもサイズは2種類しかないので、「小さいの」「大きいの」という言い方でも店員には通じます。

セブンカフェ アイスカフェラテR 223円(税込240.84円)
セブンカフェ アイスカフェラテL 278円(税込300.24円)

アイスカフェオレのカロリー

アイスカフェオレ(カフェラテ)自体に甘味料は入っていません。

ミルクの優しい甘みを感じられるので、何も入れなくても美味しいです。

アイスカフェラテR(レギュラー) 熱量:71kcal
アイスカフェラテL(ラージ) 熱量:107kcal

甘い方がお好きなら、お好みでガムシロップをお使いください。

カロリーを気にされる方は、ゼロカロリーシロップもありますよ。

エリスリトール、アセスルファムK、スクラロースで甘くしたシロップです。

ガムシロップ 熱量:23~25kcal
ゼロカロリーガムシロップ 熱量:0kcal

セブンカフェ アイスカフェオレの買い方

セブンイレブンの冷凍売り場のカフェラテ

では、実際に、アイスカフェラテを買って飲んでみましょう。

アイスカフェオレのレジでの買い方

セブンカフェのカフェオレ(カフェラテ)は、ホットとアイスで注文方法が違います。

ホットの場合、レジで注文して支払いをすると、店員に専用のコップを渡してもらえます。

レジでは店員に「ホットカフェラテのレギュラー1つ」などと伝えてくださいね。

アイスカフェラテの場合は、氷の入ったカフェラテ専用容器が冷凍売り場に陳列されています。

容器がそのままコップになる形です。

お客さまが自分で買いたいサイズの容器を選び、レジに持って行って支払います。

アイスコーヒーの容器も同じ売り場に並んでいます。

容器の大きさが同じなので、アイスカフェラテとアイスコーヒーを間違えてレジに持ってくるお客さまは多いです。

必ずフタを見て「アイスカフェラテ」と書いてあるものを選んでくださいね。

セブンイレブンのアイスカフェラテのフタ

容器を商品として持っていけばいいので、レジでは店員にサイズや個数などを伝える必要はありません。

セブンカフェ カフェマシンの使い方

セブンイレブンのコーヒーは、セルフスタイルが基本です。

レジでお会計を済ませたら、お客さまがカフェマシンに容器を持っていきます。

アイスカフェラテの場合、必ずフタをはがしてから、マシンにセットします。

カフェ専用のごみ箱がすぐそばにあるので、はがしたフタはそこに捨ててくださいね。

1、容器のフタをはがす
2、マシンの中に容器をセットする
3、ボタンを押して待つ
4、完了の音がなったら取り出す
5、持ち帰り用のフタをセットする

セブンカフェマシンの注意点

セブンカフェのマシン

カフェマシンはレジのすぐ近くに設置されているので、場所は迷うことはありません。

ただお客さまが戸惑うのが、カフェマシンのタイプが複数あることです。

幅がやや細いタイプのカフェマシンは、コーヒー専用。カフェラテは対応していません。

カフェラテに対応するマシンは幅広のタイプで、タッチパネル式ボタン式があります。

ボタン式カフェマシン

古いタイプのカフェマシンはボタン式です。

マシンに中にコップを置いた後、自分が買ったメニューのボタンを押します。

間違えて押した場合は、店員に申し出てください。

私が働いている店の場合、間違えた場合、新しいコップをお渡しして淹れなおしていただきます。

このとき料金はいただきません(わざとじゃなければです)。

ただ、お金の扱いはお店によって対応が違います。

差額を払う場合、全額払いなおしの場合もありますので、どうぞお気をつけくださいね。

タッチパネル式カフェマシン

ボタンの押し間違いがないのが、最新のタッチパネル式のマシンです。

容器をおくと自動で種類を判別します。タッチパネルに表示される「PUSH」を押せばOKです。

マシンの中で容器を自動で判別するため、容器やマシンが汚れているとうまく作動しないことがあります。

また、容器の重さも自動判別の材料の一つです。

先にシロップを入れてしまうと、きちんと判定できなくなる可能性があります

シロップを入れる場合は、必ずカフェラテが出来上がってからにしてくださいね。

セブンカフェ・アイスカフェオレの濃さは選べるの?

カフェラテは、濃さを選ぶことができません

セブンのカフェメニューで濃さが選べるのは、定番のコーヒーだけです。

新しいタッチパネル式マシンで定番のコーヒーを買う場合のみ、「軽め」「ふつう」「深め」が選べます。

カフェラテもそのうち、コーヒーやミルクの量など好みで選べるようになるといいですね。

セブンにマイボトル・タンブラーの持ち込みはOK?

最近のカフェは、持参のマイボトルやタンブラーに入れてくれるお店も多いですね。

コンビニでも、ローソンの一部店舗では、持参のタンブラーにコーヒーを入れるサービスがあります。

でも残念ながらセブンイレブンでは、マイボトルやタンブラーに入れることはできません

タッチパネル式のマシンでは容器を自動判別するため、他の容器では反応しません。

旧式のボタン式マシンでもトラブルの原因となるため、お断りしています。

ただ暑い日は氷がすぐに解けてしまって、コーヒーが薄まってしまうのが嫌ですよね。

長く冷たさをキープするなら、コップがそのまま入るタイプのタンブラーがオススメですよ。

コーヒーの持ち帰りにはホルダーが便利

紙のホルダーに入ったアイスカフェラテ

レジ袋は有料です(1枚3円)。

テイクアウト用の紙製のコップホルダーは無料です

自由に使えるようカフェマシンの横に置いてあるお店もありますし、店員に言うと出してもらえるお店もあります。

2個用、4個用がありますので、持ち帰りの際は利用してください。

まとめ

以上、セブンイレブンセブンカフェアイスカフェオレ(カフェラテ)の買い方について、お伝えしました。

1、冷凍売り場からアイスカフェラテを選んでレジに持っていく
2、レジで支払いを先にする
3、自分でカフェマシンに容器を入れてカフェラテを入れる
4、出来上がってからお好みでシロップを入れる

セブンのカフェラテは、特濃ミルクを使った本格的なカフェラテです。

コーヒーの香りと、ミルクのコクが味わえます。

アイスカフェラテは泡立ちは少なめで、さらっと飲みやすいのが特徴です。

私は甘党なので、いつもガムシロップを入れて飲んでいます。

以前トッピング用に黒糖(黒蜜)が発売されていて、カフェラテに混ぜると黒糖ミルクカフェになったんですよ。

けっこう売れていたのにに、今は販売されていないのが残念です。

私はたまに家で、市販の黒蜜を合わせて楽しんでいます。和風にアレンジしても美味しいです。

他にもセブンカフェは、モカフレンドアイスもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました